第六世代からの変更点 - ポケモン対戦考察まとめWiki|第七世代(サン・ムーン&ウルトラサン・ウルトラムーン)

第六世代からの変更点 節を編集

第六世代から第七世代での追加要素および変更点の一覧です。
足りてないと思うので追加お願いします。
「ポケットモンスター サン・ムーン」から「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」での変更点については「ウルトラサン・ウルトラムーンでの追加・変更点」にあります。

参考→未解禁要素



新しいポケモン 節を編集

+  折りたたみ

変更のあった技 節を編集

背景赤色は強化されたもの、背景青色は弱化されたもの、
背景緑色は強化と弱化がどちらもされたもの、背景白色はどちらとも言えないもの。

いばる命中90→85
かわらわり破壊できる技にオーロラベール追加
きゅうけつ威力20→80
PP15→10
キングシールドタイプ相性で無効化する接触技を受けた場合も攻撃力低下が発動する
ゴーストダイブちいさくなるを使用した相手に必中&威力2倍→命中・威力ボーナス無し
サイドチェンジ優先度+1→+2
シャドーダイブちいさくなるを使用した相手に必中&威力2倍→命中・威力ボーナス無し
ぜったいれいど氷タイプに無効
氷タイプ以外が使うと命中低下[1]
ダークホール命中80→50
ダークライ以外が使うと失敗する
たいあたり威力50→40
ダイヤストーム防御1段階上昇→2段階上昇
でんじは命中100→90
とどめばり威力30→50 攻撃2段階上昇→3段階上昇
パラボラチャージ威力50→65
ひっくりかえす命中100→必中
ふいうち威力80→70
フライングプレス威力80→100
ヘビーボンバーちいさくなるを使用した相手に必中&威力2倍
マジカルフレイム威力65 →75
みちづれ連続で使うと失敗する
みずしゅりけん物理→特殊
ロックブラストぼうだんで防げる

新技を得たポケモン 節を編集

+  折りたたみ

新しい技 節を編集

威力命中タイプ分類PP範囲接触効果
10まんばりき9595じめん物理10相手1体通常攻撃
DDラリアット85100あく物理10相手1体相手の能力変化を無視する
アイスハンマー10090こおり物理10相手1体自分の素早さが1段階下がる
アクアブレイク85100みず物理10相手1体20%の確率で相手の防御を1段階下げる
アクセルロック40100いわ物理20相手1体先制攻撃(優先度+1)
アシストギア--はがね変化20味方全体-特性「プラス」「マイナス」のポケモンの攻撃と特攻を上げる
アンカーショット80100はがね物理15相手1体相手を逃げられなくする
うたかたのアリア90100みず特殊10自分以外×相手のやけどを治す
オーロラベール--こおり変化20味方-5ターンの間物理・特殊両方のダメージを半減する(霰下でのみ使用可)
かげぬい80100ゴースト物理10相手1体×攻撃した相手を逃げられなくする
かふんだんご90100むし特殊15敵or味方1体×味方に放った場合HPを回復する
くちばしキャノン100100ひこう物理15相手1体×優先度-3・直接攻撃した相手を火傷させる
コアパニッシャー100100ドラゴン特殊15相手全体×そのターン技を出した相手の特性を封じる
このは40100くさ物理40相手1体×通常攻撃
サイコファング85100エスパー物理10相手1体「リフレクター」「ひかりのかべ」「オーロラベール」を破壊する
サイコフィールド--エスパー変化10全体の場-5ターンの間場を「サイコフィールド」にする
さいはい--エスパー変化15相手1体×相手が最後に使用した技をもう一度使わせる
サウザンアロー[2]90100じめん物理10相手全体×ひこうタイプや特性ふゆう、そらをとぶ・テレキネシス・でんじふゆう状態、ふうせんを持っている相手にも当たる。この技を受けた相手は撃ち落とされ、じめんタイプの技を防げなくなる
サウザンウェーブ[2]90100じめん物理10相手全体×攻撃した相手を逃げられなくする
じごくづき80100あく物理15相手1体命中した相手は2ターンの間音技が使えなくなる
しぜんのいかり-90フェアリー特殊10相手1体×相手のHPを半分削る
じだんだ75100じめん物理10相手1体前のターンに技が失敗していると威力2倍
シャドースチール90100ゴースト物理10相手1体攻撃の前に、相手のプラス能力変化を吸収する
みがわりを貫通する
シャドーボーン85100ゴースト物理10相手1体×20%の確率で防御を1段階下げる
シャドーレイ100100ゴースト特殊5相手1体×相手の特性を無視して攻撃
じょうか--どく変化20相手1体×対象の状態異常を回復し、自分のHPも回復
スケイルノイズ110100ドラゴン特殊5相手全体×自分の防御が1段階下がる
すなあつめ--じめん変化10自分-HP50%回復・砂嵐時強化
スピードスワップ--エスパー変化10相手1体×自分と相手の素早さの実数値を入れ替える
スポットライト--ノーマル変化15相手1体×優先度+3.そのターン相手の攻撃を対象に集中させる
スマートホーン70-はがね物理10相手1体必中攻撃
ソーラーブレード125100くさ物理10相手1体1ターン溜めて2ターン目に攻撃・ひざしがつよい状態で溜めなし
ちからをすいとる-100くさ変化10相手1体×相手の攻撃を1段階下げた後、自分は相手の攻撃の実数値分だけHP回復
つけあがる20100あく物理10相手1体自分の能力ランクが1段階上がるごとに威力+20
であいがしら90100むし物理10相手1体先制攻撃(+2)・自分が場に出たターンでないと失敗する
トーチカ--どく変化10自分-優先度+4・相手の攻撃を無効化し、接触攻撃した相手を毒にする
とぎすます--ノーマル変化30自分-次の攻撃が確定急所になる
どくのいと-100どく変化20相手1体×相手を毒状態にし、さらに素早さを1段階下げる
とびかかる80100むし物理15相手1体100%の確率で相手の攻撃を1段階下げる
ドラゴンハンマー90100ドラゴン物理15相手1体通常攻撃
トラップシェル150100ほのお特殊5相手全体×優先度-3。そのターン自分に物理技でダメージを与えた相手のみに攻撃
トロピカルキック70100くさ物理15相手1体100%の確率で相手の攻撃を1段階下げる
なみだめ--ノーマル変化20相手1体×相手の攻撃と特攻を1段階下げる。必中。守る系貫通
びりびりちくちく80100でんき物理20相手1体3割の確率で相手をひるませる
フラワーヒール--フェアリー変化10相手1体×対象のHP50%回復。グラスフィールドで強化
プリズムレーザー160100エスパー特殊10相手1体×命中した次のターンは動けない
フルールカノン13090フェアリー特殊5相手1体×自分の特攻が2段階下がる
ぶんまわす60100あく物理20自分以外通常攻撃
ほのおのムチ80100ほのお物理15相手1体100%の確率で相手の防御を1段階下げる
マルチアタック90100ノーマル物理10相手1体×所持するメモリによりタイプが変化
めざめるダンス90100ノーマル特殊15相手1体×自身のスタイル(タイプ1)によりタイプが変化
メテオドライブ100100はがね物理5相手1体相手の特性を無視して攻撃
もえつきる130100ほのお特殊5相手1体×成功後自身のほのおタイプが消失。ほのおタイプでないと使用できない。氷状態でも使用でき、氷状態が治る

変更された特性 節を編集

いたずらごころ優先度+1された変化技が相手側のあくタイプのポケモンに効かなくなった
おやこあい威力1.5倍→1.25倍
くだけるよろい素早さ+1→+2
スカイスキン威力1.3倍→1.2倍
ダルマモード「スキルスワップ」「いえき」「ミイラ」など特性を書き換える技や特性が効かなくなった
ノーマルスキン威力上昇効果が追加(1.2倍)
バトルスイッチ状態異常によって正しく技が出せなかった時はフォルムチェンジしなくなった
はやてのつばさHP満タン時のみ優先度+1
フェアリースキン威力1.3倍→1.2倍
フリーズスキン威力1.3倍→1.2倍
マルチタイプ各種Zクリスタルを所持した時もタイプが変化する

新しい特性 節を編集

ARシステム持っているメモリで自分のタイプが変わる
うるおいボイス全ての音技がみずタイプになる
エレキスキンノーマルタイプの技がでんきタイプになり、威力が1.2倍になる
エレキメイカー登場したときにエレキフィールドをはりめぐらせる
えんかく全ての技を相手に接触しないで出すことができる
おどりこ誰かが踊り技を使うと自分も踊り技を出すことができる
カーリーヘアー攻撃で自分に触れた相手のすばやさを1段階下げる
かがくのちから倒された味方の特性を受け継ぎ同じ特性に変わる
ききかいひHPが半分以下になると手持ちに引っ込む
きずなへんげ相手を倒すとサトシゲッコウガに変化する。みずしゅりけんが強くなる
ぎゃくじょう相手の攻撃でHPが半分になると特攻が上がる
ぎょぐん自身がレベル20以上の場合、残りHPが1/4以上の時に「むれたすがた」に変化し、残りHPが1/4以下になった時に「たんどくのすがた」に変化する
グラスメイカー登場したときにグラスフィールドをはりめぐらせる
サーフテールエレキフィールドのとき素早さが2倍になる
サイコメイカー登場したときにサイコフィールドをはりめぐらせる
じきゅうりょく攻撃を受けると防御が1段階上がる
じょおうのいげん自分や味方は相手からの先制技を受け付けない
すいほう相手のほのおタイプの技の威力を半減する。やけど状態にならない。自分の使用するみずタイプの技の威力を2倍にする
スワームチェンジHPが半分以下になるとパーフェクトフォルムに姿を変える
ぜったいねむり常に夢うつつの状態で絶対に目覚めない。眠ったまま攻撃ができる
ソウルハート場のポケモンがひんしになる度にとくこうが1段階上がる
とびだすなかみ相手に倒されたときHPの残りの分だけ相手にダメージを与える
にげごしHPが半分以下になると手持ちに引っ込む
はがねつかいはがねタイプの技の威力が1.5倍になる
ばけのかわ体を被う化けの皮で1回攻撃を防ぐことができる
バッテリー味方の特殊技の威力を上げる
はりこみ交代で出てきた相手に2倍のダメージで攻撃できる
ビーストブースト相手を倒したとき自分の一番高い能力が1段階上がる
ヒーリングシフト回復技を先制で出すことができる
ひとでなしどく状態の相手を攻撃すると必ず急所に当たる
ビビッドボディ自分や味方は相手からの先制技を受け付けない
ファントムガードHPが満タンのときに受けるダメージが半分になる。かたやぶり系無効
ふしょくはがねタイプやどくタイプもどく状態にすることができる
プリズムアーマー効果抜群のわざを受けたとき、受けるダメージが0.75倍になる
みずがためみずタイプの技を受けると防御が2段階上がる
ミストメイカー登場したときにミストフィールドをはりめぐらせる
メタルプロテクト相手の技や特性で能力を下げられない。かたやぶり系無効
もふもふ相手から受けた接触技のダメージを半減するがほのおタイプの技のダメージは2倍になる
ゆきかき天気があられのとき素早さが2倍になる
リミットシールドHPが半分以下になると殻が壊れて攻撃的になる。殻が壊れていないときは状態異常にならない
レシーバー倒された味方の特性を受け継ぎ同じ特性に変わる

タイプが変わったポケモン 節を編集

なし

特性が変わったポケモン 節を編集

最終進化系ではないポケモンは背景が灰色

ポケモン変更対象変更前変更後
ゲンガー特性1ふゆうのろわれボディ
ライコウ隠れ特性ちくでん[3]せいしんりょく
エンテイ隠れ特性もらいび[3]せいしんりょく
スイクン隠れ特性ちょすい[3]せいしんりょく
キャモメ特性2(なし)うるおいボディ
ペリッパー特性2(なし)あめふらし
コータス特性2(なし)ひでり
ダンゴロ特性2(なし)くだけるよろい
ガントル特性2(なし)くだけるよろい
ギガイアス特性2(なし)すなおこし
バニプッチ特性2(なし)ゆきがくれ
バニリッチ特性2(なし)ゆきがくれ
バイバニラ特性2(なし)ゆきふらし
クマシュン特性2(なし)ゆきかき
ツンベアー特性2(なし)ゆきかき

種族値が変わったポケモン 節を編集

最終進化系ではないポケモンは背景が灰色

アーボック攻撃85→95
ダグトリオ攻撃80→100
カモネギ攻撃65→90
ドードリオ素早さ100→110
マルマイン素早さ140→150
ナッシー特防65→75
ヨルノズク特攻76→86
アリアドス特防60→70
ハリーセン防御75→85
マグカルゴHP50→60
特攻80→90
サニーゴHP55→65
防御85→95
特防85→95
マンタインHP65→85
オオスバメ特攻50→75
ペリッパー特攻85→95
アメモース特攻80→100
素早さ60→80
エネコロロ素早さ70→90
バルビート防御55→75
特防75→85
イルミーゼ防御55→75
特防75→85
ルナトーンHP70→90
ソルロックHP70→90
チリーンHP65→75
防御70→80
特防80→90
コロモリHP55→65
イワパレス攻撃95→105
ツンベアー攻撃110→130
フリージオHP70→80
防御30→50
メガフーディン特防95→105

変更された道具 節を編集

名前効果
フィラのみ
ウイのみ
マゴのみ
バンジのみ
イアのみ
(旧)HP1/2以下の時にHP1/8回復
(新)HP1/4以下の時にHP1/2回復
苦手な味だと混乱するのは変わらず
こころのしずく(旧)ラティオス・ラティアスに持たせると特攻と特防が1.5倍。レート戦で使用できない
(新)ラティオス・ラティアスに持たせるとドラゴン技とエスパー技の威力が1.2倍。レート戦で使用可能になった

わざマシン 節を編集

ひでんマシンはすべて削除された。

マシン第6世代第7世代
技01つめとぎふるいたてる
技28あなをほるきゅうけつ
技59やきつくすぶんまわす
技67かたきうちスマートホーン
技70フラッシュオーロラベール
技76むしのていこうそらをとぶ
技94ひみつのちからなみのり
技98グロウパンチたきのぼり

追加されたタイプ 節を編集

なし

変更されたタイプ相性 節を編集

なし

追加されたタイプ特性 節を編集

あくいたずらごころの特性を持つ相手から受ける変化技が無効になる[4]
こおり技「ぜったいれいど」を無効化する

バトル関係 節を編集

  • まひ:素早さ1/4→1/2
  • やけど:毎ターン最大HPの1/8ダメージ→1/16ダメージ
  • こんらん:自分を攻撃する確率1/2→1/3
  • 急所:急所ランク0のときに急所にあたる確率が1/16→1/24(急所ランク1~3の仕様は変更なし)
    • ソース→ttps://psychicnaminami.hatenablog.com/entry/2018/07/07/171052
  • 「さめはだ」「てつのトゲ」「ゆうばく」「とびだすなかみ」「ゴツゴツメット」等でのラス1相打ち:左記の特性やどうぐでダメージを与えた側の負け。前世代とは逆なので注意
  • メガシンカの行動順:今世代ではメガシンカしたそのターンからメガシンカ後のすばやさ(特性の効果込み)で行動順を決定する(前世代ではメガシンカしたターンのみメガシンカ前のすばやさで行動順を判定していた)
  • 技無効化(失敗)の判定順
    • 第六世代まで:タイプ相性>ふゆう>○○ガード系>まもる系>マジックコート>マジックミラー>技無効化特性一般>命中判定>みがわり>タイプ固有のダメージ以外の無効効果>特性固有のダメージ以外の無効効果>ぼうじんゴーグルなど
    • 今作:○○ガード系>まもる系>マジックコート>マジックミラー>技無効化特性一般>タイプ相性>ふゆう>命中判定>みがわり>タイプ固有のダメージ以外の無効効果>特性固有のダメージ以外の無効効果>ぼうじんゴーグルなど
      • ○○ガード系:ワイドガード、ファストガード、トリックガード
      • まもる系:まもる、みきり、キングシールド、ニードルガード、トーチカ
      • キングシールドの効果強化の要因は恐らくこれ。
      • マジックガード、マジックコートで跳ね返せない状況が少し減った
+  折りたたみ

その他 節を編集

  • 天候岩、ひかりのねんど、グランドコート
    • 自分がそれらの道具を持たせて該当技・特性を使用した場合、自分目線では残りターン表示が「(経過ターン)/8」と表示されている。
    • 相手がそれらの道具を持たせて該当技・特性を使用した場合、5ターン経過するまでは「(経過ターン)/5」と表示され持ち物がわからない状態となる。6ターン目に「(経過ターン)/8」に切り替わる。
    • 天候にターン制限がない場合、経過ターン数はカウントされず、天候の情報のみが表示される。

育成関係 節を編集

  • ♂のボール、性別不明のボールが遺伝するようになった。
    同種の♂と♀を預けた場合は、両方のボールが50%ずつの確率で遺伝するようになった。
  • 技思い出しを利用する際、まだ覚えるレベルに到達していない技も思い出せるようになった。
  • 凄い特訓によって個体値を上げられる「おうかん」が登場。
    これによりタマゴ未発見のポケモンの厳選に必要な時間が大幅に削減。
    さらに凄い特訓後もめざパのタイプが変わらないため、5Vや6Vといったステータス的な理想とめざパが両立できるようになった。
    結果として最速が欲しい場面で敢えて個体値を1下げるめざパ理想という概念は消失、めざパ個体がステータス的に不利ということは無くなった。
    めざパ個体でおうかんを使用しなければ不利となること、めざパ個体で理想のステータスを実現するためにはおうかんが必須となっていることには注意が必要。
    ただし最速が不要な場合や1積み最速××族抜き調整といった努力値振りを行う場合、素早さ個体値Uでもじゅうぶん実用の範囲内。
    攻撃面や耐久面に関しては個体値が1下がっても確定数はほとんど変わらない。
    個体値Uを粘るのかおうかんを使うのかはどちらが効率良く育成できるかで選択。
  • レベル技の習得タイミングに「進化したとき」が追加された。
    習得レベルが固定されておらず、レベル1でもレベル100でも進化したときなら必ず覚えさせることができる。
    前作までは習得レベルを過ぎて進化させた場合「ハートのうろこ」を消費して思い出させなければならなかったが、その手間を省けるようになった。
    • 「進化したときに覚える技」は全て進化後の基本技に設定されているので、進化したときに覚えさせなかったor後に忘れさせた場合でも思い出しで習得させることができる。
    • 中間進化形態のものは最終進化形態の基本技にもほとんどの場合設定されている。
      • 例:コモルーが進化時に覚える「まもる」は、コモルー・ボーマンダ両方の基本技に設定されている。
      • クルマユの「まもる」がハハコモリの基本技に無いなど、一部例外もある。

要検証 節を編集

  • ぬしバトルのデカグース戦で、スリープのよちむが「いかりのまえば」を読み取った。ぬしデカグースの技構成は【こわいかお/かみつく/にらみつける/いかりのまえば】であり、威力不定のいかりのまえばよりも威力60のかみつくが優先されるはず。仕様変更?
  • 特性「きんちょうかん」に仕様変更の可能性あり。
    HP半分以下でオボンのみを持ったポケモンが存在する時に「きんちょうかん」のポケモンが場を離れてもオボンのみが再発動せず、次にダメージを受けた時にオボンのみが発動したとの情報あり。
    従来は「きんちょうかん」が居なくなったと同時にオボンのみが発動したはず。要検証。
  • テレキネシス耐性
    • BW時代に話題になった「ダグトリオにはテレキネシスが効かない」だが、今作でもディグダにテレキネシスが無効化されることを確認。ここでダグトリオのように地面と一体化したポケモンである「スナバァ」にテレキネシスを撃ってみたところ、無効化されることを確認した。実はダグトリオ以外にもテレキネシス無効ポケモンは設定されているのかもしれない。

タグ: データ集


[1] 非こおりタイプでぜったいれいどが使えるのはスイクンカイオーガドーブル(スケッチ)の3体
[2] 厳密には第6世代からデータ上は存在していたが、入手可能になったのは第7世代からなので記載。
[3] 第6世代以前では未解禁
[4] いたずらごころの特性を持つ「味方」から受ける変化技は無効化しない
[5] SMでは原種ライチュウには継承不可能だったが、USUMにて原種に継承可能になった